お酒・飲み会を毛嫌いしている社会人・学生たちにお酒の魅力を知ってほしい!




こんばんは。ひろまるです。

ぼくはお酒が大好きです。もともとは全く飲む人間ではなかったんですが、30才を前にしてお酒の美味しさ、酔った時の気持ちよさに気づいてしまい、以来、一週間以上連続で飲まなかった日はありません(たぶん)。

最近では若者の酒離れが進んでいるようですし、毛嫌いしてないで飲みなよ!!なんていうつもりは毛頭ありません。でも、お酒が好きじゃなくても、付き合いで飲み会に参加しないといけないこともありますよね?

そんな時に「酒飲めないし無駄にお金払いたくないんだよな…」と思ってしまうあなたに、お酒好きなぼくが少しでもお酒の良さを知ってもらいたいと思って書いています。どうせ参加しないといけない飲み会なら、つまらない時間を過ごすより、少しでも楽しく過ごしてもらいたいんです。お酒の席では酔いも手伝って普段話せないような深い話もできたりするので、お酒と聞くだけでげんなりしてしまうよりは、お酒の事を少しでも知って興味を持ってみてください。

ある一定数以上の人が、好んでお酒を飲んでいるという事実もあるし、酒好きの人の気持ちが伝わればいいなあ…って思って。なので、深く考えずに読んでください。

※決して、お酒が苦手な方に飲酒を積極的に進めているわけではありません。
そして、「何コイツ…マジで理解できないんだけど…」と思ったら、言葉には出さずにそっと右上の×ボタン(スマホならホームボタン)を押してください。

最初の一杯がサイコー!!!

これですね。テレビドラマなんかでもお酒を飲むシーンではよくこのシーンになります。いわゆる「とりあえずビール!」ってやつです。

ただ、若い人からよく聞く意見があります。それは、

「ビールって苦くて美味しくないじゃん・・・(>_<)」

というものです。その気持ち、分かります。そもそも人間として苦味がおいしいって感じるのこと自体がおかしいんです(一説によると、苦味を美味いと感じるのは若い時にはない感覚だそうですよ・・・)。

でもね、若い時には理解できない感覚が、突然わかる時が来たりするんです。

例えば、真夏の暑い日、動き回って喉がカラカラの状態のときに飲むお水は美味しいですよね。そういう時は、甘いジュースより、スッキリとしてキンキンに冷えた炭酸飲料なんて最高です。甘みがないと、すっと喉を通っていくのでゴクゴク飲めちゃうんですよね。さらに、グラスまでキンキンに冷えた状態で注がれる炭酸の音…

限界まで我慢をした後に、クーラーが効いた涼しい場所で飲み干す最初の一杯…それが最高なんです!!(野外でもそれはそれで最高です!!)さらにゴクゴク飲むことで体にアルコールが巡回し、ほろ酔い状態になった時の気持ちよさといったらありません!!

ツマミもサイコー!!!

お酒のお供といったらおつまみです。まあ、家で飲むんなら何をアテにのんでもいいんですが、ぼくは居酒屋メニューが大好きなんです。ちょっぴりジャンクで、お酒を飲む前から好きだったあのおかず達…でも、普通の食堂なんかにはなかなかなかったりするので、普段はなかなか食べる機会が少ないものばかりだったりするんです。

枝豆、焼き鳥、だし巻き、ポテトフライ、お刺身…ファミレスで食べられるものもありますが、普段はなかなか食べる機会がないものが多いです。食べられたとしても、こんなにいろいろな種類の食べ物が一度に食べられる店はそうありません。でも居酒屋なら和洋折衷ジャンクな食べ物を一度に食べられる!しかも酔うことで食欲も増進!!(注:これはひとによります)

ほろ酔いが気持ちいい!!

さらに、軽く酔っているときの感覚が気持ちいいんです。意識はあるのに、どこかぽわーんとしたあの感覚。お酒に弱い方は無理して大量には飲まない方がいいですが、軽く頬が赤くなる程度なら気持ちいいし、酔った勢いで普段なら言わないようなことを語り合ったりもできて楽しいですよ。

さらに、ぼくは気心の知れた人と外で飲むのも好きなんですが、家で一人で飲むのが最高に好きなんです。お酒やつまみを買い込んで、好きなアーティストのライブ映像や映画なんかを見ながらちまちま飲む。酔いが回ってきたらそのまま寝られるなんて最高ですよ。

と、ここまでお酒好きなぼくがお酒の魅力を語ってみました。正直、お酒の素晴らしさは言葉だけでは語りつくせないので、この記事でどこまで伝わったかは分かりませんが、毛嫌いしていた人が少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

最後に…お酒は飲んでも飲まれるな、という言葉があるように、何事も適度が大事です。お酒が好きな方もそうでない方も、量をきちんと把握して、自分にあった量の飲酒を心がけてくださいね!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です