好きなことを頑張ってる人は輝いてる。




こんにちは。ひろまるです。

突然ですが、ぼくは昨日、あるライブに行ってきたんです。

はじめはそこまで興味がなかったんですが、一年半前ぐらいに知り合いに誘われて行ってみて、それがきっかけでドはまりしました。

何故かって、その子たちがものすごく輝いていたからです。

その子たちは、あるオーディションに合格して結成されたグループで、それなりにポテンシャルがある子達ではあるんですけど、それでも最初の頃は低空飛行を続けていました。ファンはある程度いるものの、人気グループというにはほど遠い状態。ですが、それでも活動を続けた結果、(ぼくも含め)ファンが増えてきたんです。その理由をぼくなりに分析してみました。メンバー全員がこんな感じ。

  • 歌が好き。ダンスが好き。仕事が好き。メンバーが好き。
  • ファンを大事にする。
  • 裏表がなくて前向き。負けず嫌いで頑張り屋。

で、思ったんです。

これって、何をするにも大事なことなんでは?って。

「好きなことを」「見ている人を意識して」「うまくいかなくてもめげずに続ける」

はじめからとんとん拍子で成功する人なんて、よほどの天才か運のいい人だけです。どんなに才能がある人でも、はじめはうまくいかないのが普通です。だから、うまくいかなかったらなぜうまくいかないのかを考えて改善して、また挑戦する。でも、結果はすぐには伴わないし、大抵の人は評価されたり、軌道に乗る前に諦めてしまう。だって、誰かに認めてもらえないと辛いですもんね。それに、続けても今後うまくいく保証もない。これは心が折れます。。。

いい顔してる人っていいよね。

だからこそ、好きなことをするべきだとおもいます。だって、好きなことは単純に楽しいじゃないですか。だから続けていられる。うまくいかないからすぐ辞めちゃうっていう人は、もう楽しんでないんです。

楽しければ、人間は自然といい表情になります。そして、いい顔をしている人は人を惹きつけます。

ぼくは、何も知らずにその子達のライブに行ったとき、猛烈に感動しました。

「ものすごいいい顔をしているな」「歌に魂がこもっているな」「全力でダンスしているな」「メンバーとファンの一体感がすごい」

陳腐な表現ですが、輝いてるなって思いました。単純に応援したくなったし、もっとパフォーマンスを見たいと思った。

いい顔の人と付き合っていきたい

「なんかこの人すごいいい顔してる!」って人、たまにいますよね。そういう人って、例外なくその瞬間を楽しんでいる人だと思うんです。

今の世の中、マイナス思考な人、心配性な人、ネガティブな人が多いです。そして、そういう人は間違いなくいい顔してないです。ぼくは、そういう人とは付き合いたくないです。きっと、皆さんも同じですよね?

とにかく、自分が好きなこと、楽しいと思うことを、深く考えずにとりあえず始めてみてください。自分にはあわない、つまらない、と思ったらそこで辞めればいいんです。そして、次にまた興味があることが見つかったら、始めてみましょう。そうすれば、どんどん積極的に行動できるようになるし、「いい顔」になれる可能性が高まります。

そして、そういう人がもっと増えたらいいなってぼくは思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です