ネガティブに考えることで何かいいことってあるの?意外と考え方次第で気分は変わる!




こんばんは。ひろまるです。

ネガティブな人って、一緒にいるだけでこっちまで暗い気持ちになっちゃいますよね。嫌なことがあって落ち込む気持ちは分かるし、落ち込むな!とは言えないんですが…今回はネガティブになったところで何もいいことないよね?だったら考え方変えてみたら?っていうお話です。

反省するのはいいことだけど、引きずらないのも大事。

怒られたり、失敗してしまって、反省するのはいいんです。その教訓を次に生かすためにどうすればいいのかを考えることで成長できると思うから。でも、そこから先はいつまでもウジウジしてても仕方ない。さっさと気持ちを切り替えて次に向けて行動するべきです。ネガティブになっても現実は改善しません。ダメだった過去も変わらないんだから、未来に目を向けましょう。

ただ、ネガティブ思考の人って、そういう考え方が染みついちゃってるから、言葉で言っても、頭では理解できても変わらないんですよね…。本能でガチへこみしているというか。

だから、マインドを変えてほしいんです。

今、このブログを読んでいるネガティブ思考の方は、今度落ち込んだ時に考えてみてください。

「自分は何のために落ち込んでいるんだ?」

自分の行動一つ一つに意味を見出してください。失敗したからと言って思考停止するのが一番よくないです。落ち込むことに意味がありますか?周りの人に気を使わせていませんか?

どうしても落ち込むしかない状況なら、せめて、一人で落ち込んでください。家に帰ってひたすら落ち込んで、自分を責める。でも、翌日には復活してください。落ち込むなら落ち込みまくって、ネガティブな感情を全て吐き出して、翌日には立ち直ってください。いつまでもネガティブな人は周りにも悪影響を及ぼします。でも、立ち直ったら同じ失敗はしないでね。反省して次にどうすればいいかを考えて、行動する。そうすれば、周りがあなたを見る目は絶対変わるし、評価も変わる。これは実体験から間違いないです。

生活の中心以外の心の逃げ道を作るべき。

おそらく、真面目な人ほどネガティブになりがちです。これは、自分の生活の中心となる出来事で失敗してしまったことが原因だと思います。

例えば、平日の夜や休日に楽しみがなく、仕事することに命を懸けている人が仕事で大失敗をしてしまったら、それは落ち込むしかないでしょう。自分の心の大半を占めていることで、想定外によくないことが起こればダメージを受けるのは普通です。

であれば、日々の生活の楽しみをいろいろ広げることで、心の負担を分散するのもいいと思います。

映画を見て気分転換をしたり、友人と飲みに行ったり、家族、恋人と出かけたり…とにかく、失敗してしまった事以外で、楽しめる出来事を生活の中に取り入れるべきです。

例えば、仕事で失敗して、休日に何もすることがないと、嫌でも休日に仕事で失敗したことを考えてしまいます。それが、ネガティブスパイラルに陥る第一歩です。自分の生活に、楽しみと思える出来事を増やしましょう。そうすれば、何かで失敗したとしても気持ちをリフレッシュできます。

結局、考え方次第。

思うのは、そんなに深く落ち込まなくてもいいんじゃない?ってこと。ぼくは前述のように、仮に失敗したとして、反省は必要でも落ち込む必要はないって思っています。落ち込むぐらいなら、今度は絶対失敗しない、次はもっといい仕事をする、ぐらいな強気な気持ちでいてほしいです。「失敗は成功のもと」なんて言葉があるぐらいなので、次に活かせばいいんです。

落ち込んでも過去は変わらない。それなら、いつまでも腐ってないで、リフレッシュして、次はやるぞ!ぐらいの軽い気持ちでいきましょ!

失敗しても死ぬことはない!!どうしてもダメならすべてを捨てて逃げ出せばいいじゃん、ぐらいな気持ちでいけば気持ちがラクになると思います。人は考え方ひとつで気持ちが大きく変わります。どうせネガティブな考え方はプラスにならないんだし、少しだけでもポジティブに、気軽に物事を考えるようにしましょう!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です