通りすがりの男子高校生の夢を聞いて想う




僕の通勤路は学生の通学路と重なっているので、

朝の時間では結構な確率で高校生と同じ道を歩くことになるんだよね。

 

当然その道には女子高生も大量に歩いているので、確実に目の保養である

なんなら、仕事の途中で目が疲れたという理由でその道を歩いてもいいぐらいである

もちろんそこにエロスは感じていない。

なぜなら僕は立派なメンズだからである。

 

スポンサーリンク


そんなジェントルなメンズの僕の耳に、ある会話が聞こえてきた。

僕の後ろを歩いている男子高校生二人組の会話だ。

 

「俺、免許とってデ○ヘルの運転手になろうかなー」

 

!!?

 

え? きみ今なんて言ったの?

高校生の口からデ○ヘルって聞こえたけど?

僕寝ぼけてる? あ、もう一回言った。

 

わかる、わかるよー。

毎日勉強ばっかりだとさー、そういう妄想することあるよねー。

彼女もいなくて、当然童貞でさー、エロスと興奮を求めてね。

〜僕たちは、ほんの少しの勇気とエロスを振り絞って、新しい世界へ飛び込んだ〜

みたいな。もう映画化決定。

 

ていうかお前、確実にエロ目的じゃん?

そういう仕事って一切エロ要素ないからな?

期待してるかもしれないけど、手出したら確実にボコられるからな?

なんで知ってるかって? 気になってググったから。

 

それにしても悲しい話である。

きっとこの高校生には、勉強したいこととか、将来なりたい夢がないのである。

だからこういうことを口走ってしまうのだ。

 

と、思う!!

 

実際わからんけどね?

実は昨日、不良に絡まれているところをデ○ヘルの送迎のお兄さんに助けてもらって

本気で憧れてる可能性もあるわけだから。(ねえよ

 

 

スポンサーリンク


それにしても、日本っていう国はなんだかんだいっても

一度レールから降りると復帰しにくい風土が根付いちゃっているのがなんとも嫌な感じである。

だからこそ、将来を選択するとき、大半の人が「進学」か「就職」を選ぶんだと思う。

 

だって、スポーツ選手とか漫画家とかアイドルとか、

本当に夢!って感じの職業を目指すには余程の覚悟がないといけないんだもん。

 

もしうまくいかなくて、会社に就職したい!と思った時に

大学出てないから・・・とか、アイドルを目指していた空白の3年間がちょっと・・・

みたいなこと言われちゃうのが意味不明。

 

就職に失敗したり、会社が倒産した人がホームレスになったり

漫画喫茶で寝泊まりしたり、風俗に落ちていくドキュメントなんかを

Youtubeで見てしまった折には、何かに挑戦しようという気もなくなるよね。

 

「ちょっと興味があるから本格的にやってみたい!」っていうのが

気軽にできないっていうのがどうかと思うわけですよ。

そりゃ現実逃避みたいなことも言いたくなるよなー。

 

とかなんとか、通りすがりのリーマンが思ったわけだ!

直接こんな話をしても怯えられるだけだからブログに書いてやったぜ!

あの時の高校生!よかったら読んでね!

そして、もし本当にデ○ヘルのドライバーになってワンチャンあった場合には今日のお礼に是非紹介してね!!

 

 

それではっ!!

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です