男一人でラブホテルに泊まってみた。




こんばんは。ひろまるです。

 

旅行するときには当然、宿泊する場所も重要な要素の一つとなりますが、

僕のように行き先を決めずに旅をする場合、宿泊先をどこにするかは

その場のノリと泊まる場所の空き状況、金額を総合して決めることになります。

 

で、その結果、この前の一人旅の時、ラブホテルに泊まってみました

 

 

理由は以下の通りです。

  • 車で旅をする場合、宿泊料金とは別に駐車場の料金が必要となり、繁華街などでは駐車場料金が数千円単位になることもあり、金額的に馬鹿にならない。

(一方、ラブホは車で来ることが前提の場所にあったりして、駐車場が無料の事も多い)

  • 普通のビジネスホテルに比べて設備が圧倒的に豪華。お風呂も広い。
  • 最近では女子会をする輩も増えているということで、世間的にも恥ずかしいことではない感じになってきている
  • 単純にネタになりそう

 

ということで、その時の状況と、感想を語っていきたいと思います。

 

システム・値段

ラブホテルにもいろいろなホテルがあるので、システム・値段ともに

ホテルのグレード、場所や新しさ等によって、その評価は様々です。

なので、今回はあくまで僕が泊まったホテルについてのみ語りたいと思います。

 

まず、僕の泊まったホテルは、ホテル直結の平置きの駐車場があり、駐車場料金は無料でした。

(そういう場所を選んだ)

 

フロントに人はおらず、開いている部屋をパネルから選ぶと部屋のロックが解除されるシステム。

部屋に入るとドアはロックされ、中からでも開けることはできません。

基本的には帰る前にフロントに電話をしてロックを解除してもらう必要があります。

 

部屋にはランクがあり、6000円、8000円、9000円、10000円、13000円の部屋がありました(※)。

(※)平日かつ宿泊の料金

僕は6000円の部屋でよかったのですが、空いていなかったので8000円の部屋に…

ということで、普通にビジネスホテルに泊まる+駐車場代よりも割高になってしまいました…

 

部屋の広さ・設備

広さについては、二人で過ごすことを前提に作らているだけあってそれなりに広いですが、

それを踏まえても通常のホテルよりは断然広いです。

 

感覚的には15畳ぐらい?+トイレとお風呂。

ダブルベッドも当然独り占め。ちなみに、ベッドの上で黒く横たわっているものはバイブです(笑)

 

テレビは壁掛けの40型?ぐらいの。DVD,ブルーレイプレーヤーも搭載。

テレビはVOD(ビデオ・オン・デマンド)につながっており、

映画やバラエティ、もちろんエッチな動画も見放題。

空気清浄機もあります。

 

クローゼットに冷蔵庫、電子レンジ、ウォーターサーバーまで!

僕の家よりよっぽど設備が整っています。

 

アメニティも充実。

歯ブラシや髭剃り、ドライヤー、化粧水など至れり尽くせり。

 

トイレはウォシュレット付き。

ラブホテルのトイレって鍵がないところ多いですが、ここはついていました。

 

 

 

お風呂だけで4畳半ぐらいはあります。

浴槽はばっちり足が延ばせるサイズ。もちろんジェットバス付(手前のボタン)。

入浴剤もついています。

 

ベランダにはこんなオシャレスペースが。

 

お食事もいろいろ。部屋の中から電話一本で頼むことができます。

ここのホテルは、メンバー会員になると食事が馬鹿みたいに安くなったり、

朝食やワンドリンクが無料サービスでついてきたり、とにかくお得感満載でした。

 

スポンサーリンク

総評

少しお値段は高いですが、普通のホテルではこの金額では

絶対に泊まれないぐらい豪華な設備と広さでした。

 

また、駐車場が無料であることもお得な要素です(これはホテルによるかな)。

電子レンジがあるので、ご飯を買って持ち込む場合には嬉しいですね。

あと、お風呂が大きいのは嬉しい!時間も気にせず入れるのでとてもいいです。

 

結果、ラブホテルでの宿泊は、多少料金が高いものの満足できるものでした。

ただし、設備よりも費用を優先したい人には向かないかもしれません

 

それと、ラブホテルは人数によって料金が増えるわけではないので(何人で泊まっても値段は同じ)、

二人以上で来るなら、金額的にも大変お得でおススメできるレベルだと思います。

 


ということで、今回は男一人でラブホテルに泊まってみた感想でした!

 

イメージ的に気軽には行くにくい部分もあると思いますが、

割り切っちゃえばとて快適だし過ごしやすいですよ。

 

泊まらなくても休憩だけで、のんびりお風呂に使ってリラックスするっていう使い方もありかもね。

フリータイムなら時間も長いし、値段も安いし。

もし興味がある方がいれば、思い切って試してみてはいかがでしょうか。

 

それではっ!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です