「ミニマリスト」って聞いたことはあるけど、結局なんなの?という人に、ミニマリスト思考野郎が答える。




こんばんは。ひろまるです。

 

ミニマリストについては、以前の記事「モノからの解放!ミニマリストという生き方。」でも書いたんですが、

ちょっと真面目すぎる記事になったので、もう少し踏み込んでお話ししたいと思います。

なので、ミニマリストって言葉自体を聞いたことがない方は、

まずは以前の記事を読んでから続きを読むことをおススメします。

 

スポンサーリンク


ミニマリスト=「最小限主義者」。

それは分かった。で、結局それなんなんだよ!?という人に、

ミニマリスト思考だと勝手に思っている僕がお答えします。

 

「ミニマリスト」なんて言葉は後付け。目指すようなものじゃない。

 

実を言うと、僕は「ミニマリスト」という言葉ができる前から、世間でいう「ミニマリスト思考」でした。

世の中の人がどうとかは関係なく、いらないものは所有したくないし、興味ないものには手を出したくないんです。

その代わり、ハマるものにはとことんハマる。

好きなことをする時間を確保するためには、無駄な時間は省きたい。

そんな感じです。

 

一般的なミニマリストのイメージそのものではないもしれませんが、通じる部分はあると思っています。

「自分にとって必要なこと」だけをしたいし(その方が効率がいいと思う)、「無駄なものは持ちたくない」。

つまり、「いらないものはもたない」ことで「やりたいこと」をする時間を確保する。

 

着る服で悩む時間が無駄だから、同じ服を揃えて(私服の制服化)、考える時間をなくし、その分時間を有効活用する。

それって、ミニマリストと同じじゃない?

 

正直、僕にとって「ミニマリスト」という言葉が自分に当てはまるかということはどうでもいいです。

ただ、自分と同じような感性を持つ人が少なからずいて、その総称のようなものができたので便利に使っているだけです。

なので「ミニマリストを目指してます!!」なんていう人は、ちょっと違うんじゃないかなあと思うわけです。

だって、頑張って目指すようなものじゃないし。

 

ミニマリスト=自分勝手でわがままな奴

ミニマリストって、なんでも自分の好きなようにやって、やりたい放題で、ワガママなやつしかなれないと思ってます。

僕は部屋には無駄なものは置きたくないし、無駄な行動もしたくないです。

たとえ、それが規則で決められたことであってもやりたくないことはやりたくない。

 

例えば高校時代、僕は受験に必要ない科目を勉強する必要性を感じなかったので、

その授業を聞かずに別の科目の勉強をしていました。

(その結果、その科目は赤点(4点だったw)でしたが、出席点で単位はもらえました)

 

周りからは、ちょっと変わったやつと思われていたかもしれません。

でも、僕からすると、周りの人が不思議でなりませんでした。

「なんでこんなにやらないといけないこと、やりたいことがあるのに、無駄なことに時間を使わないといけないの?」

本気でそう思っていましたし、今でもそう思っています。

 

スポンサーリンク


 

「ミニマリスト」という言葉に対する違和感

 

ミニマリストという考え方がひろまってきた時には

「そうそう!わかるわかる!!」

という気持ちがある反面、ミニマリスト、という言葉だけが独り歩きをしている印象がありました。

 

わかるんだけど、どこかはがゆい。ちょっと違う。

うまく言えないけど、ただモノを捨てるっていう人じゃないんだよって、強く言いたい。

 

どうしても、今のミニマリストのイメージは、家に何もモノを置かないことをよしとする人たち、

みたいなイメージがあると思うんです。

 

それはちがう。

意味もなく、家に物をなくすことで快感を覚える人なんて、ただの変人です。

 

テレビが大好きな人がテレビを捨てることに喜びを覚えるわけがありません。

テレビを見ることに意味を見いだせない人が、テレビを必要としないから家に置かない、ただ、それだけ。

シンプルな考えからきた行動の結果です。

それを、何か特別なことであるかのようにクローズアップされるのは、違和感があります。

 

ゆるいミニマルでいいんじゃない?

と、ここまで偉そうに語ってきましたが、僕の家は「ミニマリストの家」というにはほど遠いです。

40型のテレビにテレビ台、ブルーレイレコーダー、ベッドにソファ、パソコンデスクもあります。

だって、あった方が便利なんだもん。

 

「必要最低限」の定義は人それぞれ。

ミニマリストだからって、なんでもかんでもモノを捨てればいいってのは、完全に思考停止状態です。

自分にとって、何が必要なのか。そこまで徹底しなくてもゆるく、自分なりに無駄を省いた生活をすればいいんです。

 

僕は正直、そろそろテレビは捨ててもいいかな、と思っています。

無駄を省く=モノを捨てる=断捨離って、それはそれで別の魅力がありますよ。

これもまた、別の機会に語りたいと思います。

 

それではっ!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です