自分がだけいつまでも健康でいられると思うな!誰にでも平等に「老い」はやってくる!!




僕の周りでは、同年代の人は大半が結婚してしまい、子供がいる人も多いと言う状況。

僕は30代の独身で、結婚願望はありません。

 

近年は生き方が多様化し、生涯未婚率も増えているとはいうものの、周りの人からちょっと置いていかれているような事を感じる日々でした。

でも僕は若く見られることも多いし、自分で言うのもなんですが、肌もキレイなので、自分でも「まだまだ若い」と思っていました。

 

さらにお酒が大好きで、食事もコンビニ弁当で済ませることが多い

週末は飲みすぎて暴飲暴食をした結果、せっかくの休みを二日酔いで過ごすこともありました・・・

もともと体も強い方で、大きな病気をしたこともないし、風邪をたくさん引く方でもありませんでした。

 

それは突然やってきた

僕は、自分はまだまだ若いと思っているし、いきなり大きな病気をすることなんてないと思っていました。

ですが、ある日突然、右足に膿みができ、大きく腫れ上がって歩けなくなってしまいました。

 

すぐに治ると思って、数日様子を見てみましたが、治るどころか病状は悪くなるばかり。

足が焼けるように熱く、一歩あるくたびに激痛が走ります。

 

「これはおかしい」

「何かの病気なんじゃ」

 

これまでは自分の事を過信していて、暴飲暴食もするし好き勝手やってきましたが、ここにきて初めて「ヤバイ」と感じました。

 

なんか左足もしびれている気がするし、何かがおかしい。

ネットで症状を調べてみると、糖尿病で似たような症状があるみたい・・・

 

「糖尿病!?マジかよ・・・!?これから病院通いして注射打って、食事制限して・・・

そんな生活が一生続くのか!?てか、ひどい人だと足切断とか聞くけど大丈夫なのか!?」

 

まだ何も分からない状態でしたが、不安と焦りで冷や汗が止まらなくなりました。

 

 

結果的には大丈夫でした

ろくに歩けないので、引きづるように病院へ。

医者に見せてもはっきりした原因は分からず(これは今でも不安)、念の為血液検査もしたけど特段異常なし。

 

だけど、肝臓の数値が悪くなっており

「こんな生活をしていたら数年後には肝硬変になるよ」

と言われ、ビビリの僕は禁酒を決意。

 

これまでも禁酒にはチャレンジしては挫折するというのを繰り返していたんですが、お医者さんに

「節酒ではなく、禁酒しないとダメ」と言われ、その日からスッパリお酒をやめました。

 

一ヶ月で肝臓も戻るという事だったので、今では休肝日を挟みつつ再開しましたが・・・

 

人は誰でも必ず衰える

僕が今回感じたのは「人はいつまでも元気ではいられない」という事です。

 

誰もが、体が元気なうちは「自分が大きな病気にかかる可能性は低い」という気持ちから無茶な生活をしたり、暴飲暴食をしてしまうものですが、

いつか、必ず人間は死を迎えます。

 

それは明日ではないかもしれないけど、

10年後かも1年後かも一ヶ月後かもしれない。

 

そして、その体調不良の原因は、今この瞬間の生活スタイルが原因であることが多いです。

僕のように、周りの同世代より若いと思っていても、内臓は年相応だったり、それ以上に衰えている可能性もあります。

 

少しでも長い期間、健康な体を維持するためには食生活の改善や節酒、運動が不可欠です。

今元気だからこのままでいい、ではなく、元気なうちから未来に向けて生活習慣を整えることが大事だと感じました。

 

これは絶対に、全人類に当てはまることで、誰にも確実に「老い」や「死」はやってきます。

今の世代は平均寿命が延びているとは言っても「健康寿命」とはまた違います。

 

少しでも健康でいられる期間が長くなるよう、今から少しでも改善を続けていきましょう!

 

今回は真面目な話になりましたが、以上になります。

それではっ!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です