【Apple】 Magic Mouse 2 を購入したので使い方・操作性をレビューしてみる!




ひろまるです。

Appleの「Magic Mouse 2」という商品を購入したのでレビューしてみたいと思います。

いやー、正直迷いましたよ。いくらApple純正のマウスとはいえ、たかがマウスに一万円弱(定価8,800円(税別))も出すなんて・・・

だけど、そのスタイリッシュでオシャレなデザインに強く心を引かれたのと、充電式のマウスに変えたいなーと思っていたわけですよ。

 

そして何よりそのネーミングセンス。

『Magic Mouse』って。自分で魔法のマウスとか言っちゃう?普通。

相当自信があるに違いない!と感じたので購入を決意しました。

 

ということでレビュー開始!!

 

無駄がなくスタイリッシュでコンパクトなデザイン

僕はなるべく自分がお気に入りの製品だけを使いたいので、見た目にもこだわるタイプです。

マウスには色々な種類があって、安いのはやっぱり作りが安っぽかったりするし、高いマウスは機能はいいけど、見た目がゴツくで好みじゃなかったり・・・という状態でした。

ただ、Magic Mouseは見た目も機能も好みにドンピシャでした。

無駄を排除するために、クリックするボタンどころかホイールすらないという徹底ぶり。

 

裏側までスタイリッシュでオシャレです。

 

横にはボタン一つありません。

 

逆側。厚さも普通のマウスに比べるとかなり薄いです。

 

 

使い方・操作性

先に述べたとおり、Magic Mouse 2にはボタンがないのですが、通常のマウスと同じように右クリック、左クリックは普通にできます。

ですが、初期設定では右クリックの機能はオンになっていないので、システム環境設定画面でオンにする必要があります

僕は最初、右クリックができなくて少し戸惑ったので、初めて使う場合はまず右クリックを有効にするよう設定しましょう。

下の「副ボタンのクリック」で「右側をクリック」を有効にします。

 

表面は全体的にツルツルしていて、先端部分がトラックパッドのように指で色々な動作をすることができます

例えばスクロールは上下にスライド、戻る・進む場合は横にスライド、ダブルクリックでズーム、などですね。

 

 

戻るボタンは僕はよく使うので、いちいちクリックしなくていいのは便利です。(まあこれは普通のマウスでも設定できたりしますが)

 

使い心地

サイズがコンパクトで厚みがないので、手が大きい男性や大きなマウスを使っていた方は小さく感じるかもしれません。

僕個人としては、マウス自体の大きさよりも薄さのせいで指に違和感を感じました。でもこれは慣れの問題かもしれません。

参考までに大きさを書いときますね。

* 高さ:2.16 cm
* 幅:5.71 cm
* 奥行き:11.35 cm
* 重量:0.099 kg

 

また、普通のマウスは「ボタンをクリックする」とか「ホイールを転がす」という操作がメインなのに対し、Magic Mouse 2は「指で操作する」感が強いです。

どちらかというとトラックパッドで操作している感覚に近く、直感的に操作できる感じがします。

 

最初は操作に少し戸惑うかもしれませんが、慣れてきたらこっちの方が使いやすいと感じました。

しばらく使ってみても、タッチ操作の感度もいいし誤動作もほとんどしませんでした。

 

高速・長時間使用可能なバッテリー充電!だけど欠点も。

僕はずっと電池式のマウスを使っていたんですが、電池交換が面倒だったので、バッテリー対応なのは嬉しいですね。

公式によると「2時間の充電で1ヶ月使用可能」とか「2分の充電で最大9時間使用可能」と言っているので、高速充電かつ長時間の使用が可能です。

充電なんてそう頻繁にすることがないので、これで十分だと思います。

 

ただ一つ欠点をあげると「マウスを使いながら充電できない」ということ。

写真の通り、充電の接続口が裏面にあるためです。

 

なぜこんな作りにした・・・

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

値段は少しお高いですが、オシャレな外観と直感的に操作できる感覚はとてもよく、僕は購入してよかったと感じました。

ただ、見た目よりもコスパ!という人や、小さいマウスが苦手、という人には向かないかもしれません。

今回の記事で購入を検討してもらえたら嬉しいです!!

 

 

 

それではっ!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です