突然、無職になったら…という妄想してみた。




こんにちは。ひろまるです。

今回は「突然無職になって収入がなくなったらどうするか?」というシミュレーションをしてみたいと思います。

これにはいくつか理由があって、

まず単純に、自分が会社を辞めることになったとして、その先どうやって過ごすのか、そのメリット・デメリットを知っておく必要があること。

実際にそうなった時に心の余裕を作っておきたいということ。

そして、僕がそういう妄想が好きな変態だという理由です。

 

スポンサーリンク

 

生活について

とりあえず、しばらく仕事のことは考えずにのんびり過ごします。

旅行に行ったり、行ったことないところをぶらぶらしたり、逆に引きこもってゲームしたり…

とにかく、会社員は会社に所属しているというだけで不自由が多すぎる。

その不自由から解放されることは今の僕には何よりも魅力的です。。

 

お金について

なにはともあれ、一番困るのがお金です。失業保険が切れたら、貯金から切り崩して生活することになります。

そのためには、自分が今、いくらお金を持っているのか、月にかかる生活費がいくらなのかを正確に把握しておくことが大事です。

 

さて、皆さんは自分の貯金がいくらなのかを正確に答えられますか?

ゼロ円!という悲しい人はともかく、なかなか細かく把握できている人は少ないんじゃないかな。複数口座を持っている人も多いだろうし。

 

そこで、僕は「Money Forword」というスマホアプリを使っています。

これは、あらかじめ自分の口座番号や暗証番号(パスワード)を設定しておくことで、常に自分の資産を管理することができるアプリです。

銀行口座だけでなく、株や外貨預金、財形、貴金属、年金、電子マネーなど、ありとあらゆる資産を管理でき、株やドルなど、変動する資産についても日本円に換算してリアルタイムの金額を把握することができます。

また、収入・支出額も表示されるので、クレジットカード情報も登録しておけば、月の収入・支出が完璧に分かります。総資産額も分かるので、まさに全財産を管理できるアプリです。

シンプルで使いやすいし便利なのでおススメですよ。

と、紹介はここまでにして…

僕の場合、現在の総資産+退職金(大体の見込み金額は分かる)を合計すると…仮に収入がゼロでも年単位でしばらくはなんとか食っていけます。

そういうのって心のセーフティネットになりますよね。仕事が辛くてもやめられないのは、結局お金のため。

でも、仕事を辞めてもしばらく生活できるだけのお金があることが分かっていれば、辞めてもなんとかなるので、仕事を続けることに固執する必要がなくなる

目的もなく貯金をして、消費しないのはいいことではないけど、自分の心を保つためのある程度の貯金(お金)は必要。

心の逃げ道を作っておかないと、追い込まれても逃げ出すことすらできずに、精神がおかしくなってしまう。

仕事が嫌なら、逃げてもいいんですよ。

自分の人生なんだし、嫌ならささっと辞めればいいんです。ただし、自己責任でね。

 

仕事を辞めることによるメリット

とにかく自由!!

ぱっと思いついたのはこれだけ。もっとたくさんあると思ってたけど、意外と思いつかなかった(笑)

でも、自由に生きることを渇望している僕にとって、これ以上のメリットはない。量よりも質!

 

仕事を辞めることによるデメリット

  • お金がみるみる減ることによる不安
  • 未来が見えないことによる不安
  • 社会的信用がない
  • 周り(特に身内)の目が気になる
  • 再就職が難しい
  • 時間があり余り過ぎて堕落しそう

こんな感じでしょうか。一個一個について詳しくは語りませんが、一番は「目に見えない不安」でしょうね。

分かっていたはずなのに、現実として襲ってくるお金の問題、世間の目、再就職先の目…

おそらく、実際に体験すると、想像よりもキツいんじゃないかと思います。

あとは、周りからの信用ですね。賃貸でアパートやマンションを借りるのもハードルが大きく上がるでしょうし、ローンを組むこともできません。クレジットカードも作ることができません。

人間はないものねだりの生き物です。

いま、どんなに「時間が欲しい!そのために会社を辞めたい!」と思っていても、一年中することがなく時間が有り余っていたらいつか飽きます。

そして、いつの日か「時間なんかよりもお金が欲しい!」と思うようになるでしょう。

その時に後悔しないよう、きちんと辞めた後のビジョンを持つことが大事。

 

スポンサーリンク

ここまで妄想して思ったこと

・極端はよくない。

⇒ 時間があるからといって、何もしないとかではなく、目的や期間を定めて行動し、自己管理をするべき。でないとだらける。

⇒ 貯金があるからといって、収入が途絶えると精神が病みそう。なので、再就職とまではいかなくとも、どうにか収入を得る手段を探すべき。

バイトでも、在宅ワークでも、ネットの懸賞でも。

例えば、生活費が月20万かかり、仮にあと2年は生きられるだけの貯金があるとして、

なにもしなければ2年しか生きられないけど、月10万でも稼げれば倍の4年生きることができる。

 

・いつ収入がなくなってもいいように、普段から準備をしておいた方がいい。

⇒ 例えば、固定費の削減。生活費が20万かかる想定のところ、15万で済むようになれば、単純計算で1.3倍の期間は、無収入でも長く生きられる。

そして、固定費のなかで一番大きな割合を占めるのが家賃。そこを削減できれば大きい。

そうなると、住居は信用があるうちに(サラリーマンであるうちに)借りておくべき。事前にリサーチをして、生活に便利で、家賃が安いところに引っ越しをする。

家賃は安ければ安いほどいい。個人的には、いらないものはできるだけ減らし、狭くても家賃が安いところに住みたい。

⇒ ローンは普段から組まない生活を心がける。クレジットカードは必要そうなら事前に作っておく。

 

そんなところですかね。思ったよりも真面目な感じになりました。

僕も少しずつ実践していきたいと思います。

それではっ!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です