コンビニ飯を食べながら、大学時代の食生活と今の生活について考える。




2017年8月24日。仕事が終わり、コンビニに寄って帰宅。

 

買ってきたあんかけ焼きそばを電子レンジで温めている間にさっとシャワーを浴び、さっぱりしたところで酎ハイで一人、乾杯

そして、アツアツのあんかけ焼きそばを食べながら一言。

 

スポンサーリンク

「うまっ!あんかけ焼きそばうまっ!!」

アルコール度数9%の酎ハイは、最初の一気だけでもガツンと来る。すでにほろ酔い状態だ。

アテも十分。控えめにお酒は3本(500×1、350×2)。レジ横のチキンにポテサラ、そして あんかけ焼きそば…

現在時刻は19時前。これなら今宵は十分に酔いと食事を楽しむことができる。

かかった費用は1500円弱。一食にかける金額としては多いが、居酒屋に行くよりは断然安い。

カロリーだって?そんなのを気にしていたら酒は飲めない。

 

そしてまた、あんかけ焼きそばを一口。

ほう、いったいこの食品を販売までこぎつけたのはどこのどいつだ?

美味すぎるじゃないか。このクオリティー、この金額で24時間いつでもあんかけ焼きそばが食べられるなんて…

 

そして、ふと思う。

あれ?この状況、贅沢すぎるかもしれない。労働の後の美味い飯と酒。

いつからこんな贅沢ができるようになったのだ。その昔、大学時代に一人暮らしを始めたころは、こんな風ではなかった…

 

大学時代の食生活

僕の大学時代の詳細やいろいろなエピソードは別の機会に語るとして、ここでは大学時代の食生活にフォーカスを当てようと思う。

当時僕が住んでいた場所は、比較的田舎の方で家賃が安いところだった。仕送りは月10万円。

家賃が安いとはいえ、人間一人が生活するには十分な金額ではない。とはいえ、学費まで払ってもらっていたのだから、両親には感謝してもしきれない。

そうなると当然、削ることができるのは食費である。いくら食べ盛りの男はいえ、金がなければ何もできない。

当時は別に意識をしていなかったが、無意識のうちに節約生活をしていた気がする。

 

飲み物は家で作る麦茶、朝はコンビニの菓子パン一個とコーヒーメーカーで入れたコーヒー、基本家にいるときはご飯を炊き、おかずや卵を買ったり、ふりかけで済ます。

友人と食事するときは安くて量の多い学生食堂。6、700円前後でおなかがはちきれんばかりのご飯をたらふく食っていた。

 

当時は激やせ体型だったにもかかわらず、なぜかカロリー計算をしていて、ヘルシーな食べ物を選ぶ毎日。

自炊するときも野菜を入れてかさ増しした焼きそばやホットケーキなど、安くて大量に作れるものを中心に食べていた。

お金がない時は、小麦粉を買ってお好み焼きもどきをつくってソースをかけて食べていた。

 

でも、あの頃は全然それを苦に思ってなかったんだよなぁ…

お金はなかったけど、本当に楽しかった。

将来なんの仕事をするのかとか、未来に対する不安は常にあったけど、それでもどこか明るい未来を想像していた。

社会人になって、一個100円のカット野菜をいっぺんに入れて焼きそばをつくった時、感動したのを覚えている。(それまでは必ず2回に分けて作っていた)。

すごい贅沢してるって。

 

スポンサーリンク


 

そして、現在。

現在時刻は20時すぎ。ゆっくりお酒を飲んで、アマゾンPrimeの動画を見ながら、のんびり記事を書いている。

きっと、今の生活は悪くない。

30代で、それなりの会社に勤め、それなりの給料をもらっている。

 

会社の近くに住んでいるため、満員電車にも縁がない。世間の労働環境や平均収入、職場での人間関係を鑑みると、僕は相当上位のサラリーマンとして生きていると言える。

家賃は高いが、今の生活を続けていくなら出し惜しみする必要もない。

食費も同じだ。昔のようにお金がない頃ならともかく、今では節制するほどでもない。

むしろ、そこまで高級な食事に興味がない人間なので、コンビニ飯でも十分、そこにおいしいお酒があれば最高である。

それでも僕は、今の、十分満足している生活を手放したいと思っている。

 

いや、違う。今の生活を手放したいんじゃない。むしろ、今の安定した収入は失うのが惜しいとすら思っている。

僕は、手に入れたいんだ。

昔感じていた、よくわからない「ワクワク感」みたいなものを。

 

幸せっていったい何だっけ?

結婚? 子供? 自由な時間? それとも、お金?

昔の僕は、何にワクワクしていた……?

 

 

その話はまたいずれ、そう遠くない未来にすることになるかもしれない。

前半のテンションとは違い、後半はえらく真面目になりました。

 

それではっ!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です