本気を出せば、一人暮らしでも月10万円あれば生きていくことって余裕だと思う。




ひろまるです。

例えば僕が仕事を辞めたとして、収入がなくなってしまった場合、今後の生活において何より大事なのは支出を減らすことである。

同じ貯金額でも、月に20万消費していたのを月10万に抑えることができれば、単純計算で2倍の期間生活することができる。

もし支出を10万以下に抑えることができるなら、かなり選択肢が広がってくる。バイトして5万円ほど稼ぐことができればさらに貯金を切り詰めるペースも抑えられるし、なんならさらにネットで数万円稼ぐ手段(ブログとか懸賞サイトとか)を確立すれば、貯金を切り崩すことなく生活できるようになるかもしれない。

ハッキリ言って、仕事を辞めるんだとしたら住む場所なんてどこでもいいわけだ。実家から遠くなるとか、友人とあんまり会えなくなるとか色々あるけど、生活ができないよりはマシだ。

 

であれば、圧倒的に家賃の安い場所に住むのがいい。だが、安いだけで生活しにくい場所に住んでも不便だから、地方都市とかが狙い目だ。さらに大きな駅から数駅離れた住宅街ならさらに値段は下がる会社に通う必要がないならそうそう電車にも乗らないから、徒歩10分以上の場所でもいいので、さらに値段を下げられる

 

僕はスーパーとコンビニぐらいは徒歩圏内にあってほしいが、原付とか自転車を買うなら多少遠くても困らないし、その方がさらに家値は下がる。結局、東京に暮らしていても僕はスーパー、コンビニ、ドラッグストアぐらいしか行かないし、欲しいものはネット通販を使えばいいと思っている。物は大して多くないから、狭い場所でも構わない

 

あとは利便性と値段の兼ね合いだが、3万円も出せばそれなりに満足できる物件は見つかるだろう(もちろん都内では厳しいが)。光熱費と携帯、ネット代で2万円、食費と雑費を合わせて5万円なら決して無理なく生活できるはずだ。

むしろ人によってはもっと減らせる。生活費が9万、8万と減れば減るほど同じ貯金額でも長く生きられるし、稼ぐ必要がある金額を減らすことができる。

 

生活費が月に10万円なんて耐えられない!そんな生活は絶対無理!!という人は、まだ余裕があると思う。

実際問題、生きていくのに必要なものって食事と家以外に何がある?

細かいことを言えば、服とか家電とか色々あるけど、究極的には「衣食住」。

住む場所は生活費の大きなウェイトを占めるから当然限界まで削るとして、服なんていうのは見栄さえ張らなければお金をかけなくたって生きていけるわけだ。

そう考えると、いよいよ本当にお金が必要なのはご飯ぐらいだ。それだってご飯と味噌汁、おかず一品あれば十分だ。そんなにお金がかかるものでもない。

 

そうなると当面の目標は、安定してネットで10万円稼げるようになることだ。

そしたら会社に退職の意を伝える。辞めると伝えてから退職するまでは多分半年ぐらいかかるから、ボーナスをもらってから辞める。

今後は少し貯金額を増やして、あと何回くるか分からないボーナスはなるべく無駄遣いをしないようにする。まだまだネットでお金は稼げていないが、少しずつ上向き傾向にある。

ていうか、もしかしたら月十万とか言ってないで、さっさと退職の意思を伝えてしまった方がケツに火がつくかもしれない、と思うようになってきている。

 

多分、今の日本ではお金がなかったとしても餓死するようなことはまずない。

仮にネットで稼げなくても、貯金がなくなって本気で死を意識するようになれば、必死になって何かしらの仕事を探すだろうし、生きていくだけならどうにかなると思っている

今はまだ、会社に縛られていてできないけど、会社を辞めたらやりたいことがたくさんある。それはブログのネタにもなるし、それでもっとブログも盛り上がるかもしれない。

 

一方でふとした時に、そんな思い切ったことをしてしまって将来後悔することはないか?とも思っている。

おそらく、安定した収入がなくなることは想像以上に怖いことだ。貯金がみるみるなくなっていくのは多分焦りとかストレスとか、今の想定では分からない感情が生まれてくるだろうと思う。

今後、いい年したおっさんになっていく自分が、ボロボロの家に住んで、ヨレヨレの服を着て、一日食パン一枚だけの生活を送ることになる可能性は十分にある

 

そうなった時に、今のサラリーマンとしての生活を思い返すことがくるのかもしれない。満員電車って大変だったけど、充実してたなーとか思うかもしれない。それが怖くて恐ろしい

 

あー、ベーシックインカムが導入されれば今すぐ辞めるんだけどなー。そんなことを思った朝でした!!

 

それではっ!!

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です