冗談抜きで今の給料の半分でいいから「週3勤務、一日6時間労働」にしてほしい。ただし副業可で。




ひろまるです。

僕がサラリーマンとして仕事をするのが嫌な理由はいくつかあるんですが、その理由の一つに「自由がない」というのがあります。

 

別に忙しいこと自体は構わないのですが、基本的に規則に縛られているのが苦痛なのです。

たとえば、出勤時間が9時から17時半と決められていること。(多少ずれている会社もあるでしょうが)

 

出勤時間を一時間遅くするだけで、朝の満員電車のピークからはだいぶずらすことができるのに、なぜその時間じゃないといけないの?小さな子供がいる家庭だって、送り迎えの時間が確保できて助かるはずだ。

 

満員電車に乗る必要がなければ、僕だって電車勤務にして、家賃の安いところに引っ越せる。

多分、取引先の会社と勤務時間が合わないと都合が悪いとか色々あるんだろうけど、もう少し検討の余地があってもいいんじゃないかと思う。だって満員電車なんて、何十年も前からある問題なのに今だに解決してないわけだし・・・

 

同じように、全ての人間が週5日フルタイムで働く必要があるのか?と思う。もちろんその方が都合がいい人もいるだろう。

でも本人が希望すれば、給料を減らす代わりに週3勤務とか、毎日午後だけ出社、とかって働き方もあっていいのでは?と思う。

なぜそう思うのかというと、僕は別に今の仕事自体が嫌いなわけではないからだ。別に働くこと自体が嫌いなわけではないんですね。でもだからと言って、一日頑張って仕事して、疲れて帰ってきてまた明日仕事だと思うと気が滅入る。

もし週三回勤務なら、休みは一日置きに取ることができてとても気楽だ。一日頑張れば一日休める。

それなら別に今の仕事続けてもいい。当然これまでに比べて勤務時間は減るが、その分給料から減額すればいい

 

いや給料減ったら生活できねーじゃん、本末転倒じゃんって人もいると思うけど、そういう人はフルタイムで働けばいいだけ。

今の僕はお金よりブログを書く時間が欲しいけど、やっぱり毎日仕事しながらブログを書くのは時間的に厳しいわけ。

とはいえ、いきなり仕事を辞めてブログ一本というわけにもいかないし、そうなるとメインのサラリーマンとしての仕事を抑えてブログを書く時間を確保するという生活スタイルもありだと思うんだよね。

 

別に僕みたいにブログに限った話じゃない。副業さえ解禁されれば、それこそバイトしたっていいわけだ。

交友関係も広がるし、バイトなら遊びたいときは遊んで稼ぎたいときは稼げばいいし、いろんな仕事があるから生活スタイルも変わってくる。

 

仕事を辞めてフリーランスでやっている人の中には、副業が禁止だから仕方なく辞めた人もいるはずだ。

でも安定を捨てて独立するのは不安なもの。会社に所属しながらやりたい仕事ができるなら、絶対にその方がいいはずだ。

 

これからは働き方も多様化する時代。

誰もがサラリーマン一本で生きていくことを望んでいるわけではないんだから、サラリーマンでありながらもいろんな仕事の仕方があっていいんじゃないかと思います。

 

まあそんなに簡単に変わらないだろうがなァ!!

 

それではっ!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です