お酒大好き酒豪の僕が、禁酒に向けてお酒のデメリットを徹底解説!!




お酒大好きひろまるです。

 

僕はあの酔っているときの気持ち良さが最高に大好きなんですが、この度、断酒を決意しました。

お酒が大好きなのに一体何故断酒をするのか?それはもちろん、気持ち良さ以上のデメリットがあるからですねー。

そこで禁酒が失敗しないように戒めの意味を込めて、実体験を含めたお酒を飲むことのデメリットをまとめて見たいと思います。

 

①  太る

僕がお酒を飲み出してから一番実感しているのがこれです。

僕は6年ほど前からお酒を飲み始めたんですが、その時の体重は58キロ。そして今ではなんと+10キロ程あります・・・

元々が痩せていたっていうのもあるんですが、今やデブです。ぱっと見はそうでもないけど、お腹が丸い。年齢的に代謝が落ちてるっていうこともあるんだろうけど、一番の原因はお酒です。

 

アルコールは1gになんと7キロカロリーものカロリーがあります。

ビールが350mlでアルコール5%だとして、17.5gがアルコール。17.5g×7キロカロリー=122.5キロカロリー!

350mlのビールが約180キロカロリーほどなので、どんだけアルコールカロリー高いんだよって話です。

 

ちなみに僕は平日でストロングゼロ3〜4本飲んでたりします。お酒を飲んでいる人ならこの量がどれだけヤバいものか分かるよね?

ちなみにこれだけで800キロカロリーぐらいあるから既に食事一回分、それにご飯とかつまみとか食べたら軽く二食分です。シメにラーメンとかデザートでも食べようものなら大変なことになります

っていうか書き出して見て驚いたけど、よくこの程度の体重増加で済んでるな。

 

②体調が悪くなる

少量なら問題はありませんが、アルコールは基本的に体にとって毒です。

酔いが気持ちいいからといって、大量に摂取していれば当然肝臓が分解するスピードが追いつかず、翌朝までお酒が残っている状態となります。そんな状態であれば、当然仕事にも支障をきたすのは明白。集中力も落ちるし頭の回転も落ちます。

 

僕も飲み過ぎのあまり、お昼ぐらいまで気持ち悪くて仕事が手につかないことがありました。周りにも迷惑がかかるし、評価も下がるだろうしいいことはありませんね。

 

ちなみに成人男性がアルコールを1時間で分解できるのはだいたい体重1Kgあたり約0.1gとのこと。つまり60Kgの男性なら1時間で6gということになります。

さっきの例でいうと、ビール350ml一本でアルコール17.5gなので約3時間弱。3、4本も飲めば翌朝の段階ではまだアルコールが残っている状態となります。こんな状態で車の運転したら飲酒運転です。

自分では酔いが醒めてると思っていても、まだ残ってるんですね・・・

 

③死に繋がるような生活習慣病(ガン、肝硬変など)になるリスクが高くなる

アルコールは発ガン性物質を含んでいるため、過剰な摂取は口腔、咽頭、喉頭、食道、肝臓、大腸のガンになるリスクが高まります

また、肝臓への負担が高まります。段階ごとに脂肪肝、アルコール性肝炎、脂肪肝へと発達します。肝臓は「沈黙の臓器」と言われており、病気になっても自覚症状がないことが多いです。

 

脂肪肝ぐらいであれば、お酒をやめることで治ることが多いですが、このぐらいだと症状に現れないので気がつかないことが多いです。

それでも酒をやめずに大量の飲酒を続けると、アルコール性肝炎となります。この頃にはアルコール依存症状態となってしまい、自分の意思では断酒出来ない状態となり、入院などの治療が必要となります。

アルコール性肝炎の状態で、大量飲酒を続けていると脂肪肝となります。本来肝臓は回復力が高く、禁酒するとみるみる状態が回復するのが一般的ですが、肝硬変になってしまうと肝臓が復元不可なほど硬くなり、治療が難しくなります。そしてC型肝炎ウイルス感染による合併症や肝臓がん発症の確率が高くなります。

 

怖いです。もうお酒飲むのが怖いです。

 

④睡眠の質が落ちる

よくお酒を飲むとよく眠れるという人がいます。実際僕も、軽く飲むだけですぐに眠くなったりするので自覚はないのですが、アルコールを分解するときに発生するホルムアルデヒドが深い眠りの状態であるレム睡眠を妨げてしまうとのこと。

つまり、寝ている状態ではあるものの、ノンレム睡眠状態が続き、目が覚めやすくなってしまいます

 

⑤お金がかかる

お酒は税金も高いし居酒屋で飲むとかなりのお金がかかります。毎日外で飲んでいる人は一週間で数万単位でお金がかかることも少なくありません。

家で飲むなら外よりは安くすみますが、数本買えばすぐ千円、つまみも買えば2千円なんてあっという間です。それを毎日続けると・・・ヤバい計算したくない。

ちなみに僕は、飲みすぎないように少なめにお酒を買うのですが、酔ってくるとほろよい状態で追加のお酒を買いに行き、気がつくと大量のお酒とつまみを買い込んでしまうことがあります。特に週末。

1日千円として、1ヶ月3万円・・・一年で36万!!ウボァーー

 

⑥時間が無駄になる

基本的にお酒を飲むともうその日は難しい作業はできません。

運動も勉強もブログも、頭を使う作業はできなくなります。酔っている瞬間は幸せこのうえないですが、酔いが深くなると何をしていたかも記憶がなくなってくるし、見ていたドラマの内容も覚えていません。

さらに、飲みすぎると翌日までお酒が残っていて、翌日の時間まで無駄にすることがあります。

 

まとめ

あれ・・・お酒って飲まない方が明らかによくない・・・?だって飲むのやめたら逆のことが言えるわけでしょ?

痩せるし体調が良くなって、病気のリスクが減って、よく眠れるようになって、出費も減って活動時間が増えるって・・・むしろ最高じゃない?

 

そうは言ってもお酒は依存性があるし、酔うと気持ちがいいし簡単にやめられないのはわかってる!

なので、今回は目を伏せていたお酒のデメリットをまとめてみました。

特に病気関連は怖いよね・・・僕もお酒の量が増えてきてしまっているので、ここらで気合いを入れて禁酒に励みたいと思います。

皆さんも一緒に頑張ろうね!!

 

それではっ!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です