形だけのバレンタインチョコなんていらねーんだよ説




実際のところどーよ?男子の皆さん!!

これ、結構同じこと思ってる人いると思うんだよね。

 

会社員のバレンタイン事情、知ってます?

バレンタインデーには女性社員がお金出し合って、代表者が男性陣へのチョコをまとめ買いして配り、

ホワイトデーには男性陣がお金を出し合って、代表者が女性陣へのお返しをまとめ買いして配る。

 

情緒もクソもねーーーーーー!!

 




義理チョコでもね、気持ちが見えれば嬉しいよ?

「ひろまるさん、いつもお世話になってますっ!!はいっ!!」

なんて笑顔で手渡しされた日にはむしろ好きになっちゃうわけだけど。

 

でも現実は、

「はいーーーバレンタインデーだからチョコ配りますよーー」

「ホワイトデーだからお返ししますよーーー」

 

感情がないわけ。

名目上は、日頃の感謝の気持ちにチョコをあげるとかそういうもののはずなんだけど、

あまりにドライすぎて、もはやもう機械的な感じだよね。

 

あ、明日までに書類提出しなきゃ。

来週までにこの作業終わらせなきゃ。

明日バレンタインだからチョコ買わなきゃ。

 

仕事か?もはや仕事の一環なのか?

 

でね、こういうのは若手社員が中心になって動いてね、

他の人はお金だけ出してしらーーーーーっとしてるの。あげる人ももらう人もね。

まあ職場の人との関係なんて、結構割り切ったもののことも多いし、

感情移入されてもリアクションに困るんだけど、じゃあそれならこのイベントいる?と思うわけ。

 

だって面倒じゃーーん?

どう考えてもwin-winではないよね。得しているのはお菓子会社だけじゃない?

 

学生の頃はいいよ?

義理チョコでもさ、仲のいい人にしかあげないじゃん?

クラス全員に配るなんてことしないでしょ?

 

あれはよい。

趣がある。

男心、女心、周囲の目、本心と照れ隠し。

それらが複雑に交錯し、見えないところで戦いが行われている。

いわば、心理戦なのである。

 

最近仲のいいあの子からチョコもらえるかな?

なんて一日ずっとそわそわして、やったーチョコくれたーーー!!

とか思ってたら

「義理チョコだからねっ!(照)」

とか言われてね。

 




あー尊い。

あの日々はもう帰ってこない・・・

 

そう思いながら家路に着いた僕は、

ブログを書きながら一人もらったチョコを食べるのである。

 

そして思うこと

 

 

久しぶりに食うチョコおいしいーーーーっ!(やっぱ必要)

 

 

 

それではっ!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です