社畜を続けるにつれ、サラリーマンって戦いだと思うようになった




僕はサラリーマンとして働き続けて10数年の、いわゆる働き盛りの中堅サラリーマンです。

普通に考えれば、まだまだ働き続けなくてはならないわけですが、ある程度の年月、同じ組織で働いていると、今後の自分の未来がなんとなく見えてきてしまいます。

「このぐらい仕事ができる上司が、この年齢でこのぐらいの役職だから、将来自分はあと何年ぐらいで昇進して、その頃の年収はいくらぐらいで…」という感じです。

仮に昇進して年収が上がる可能性があるとはいえ、所詮はサラリーマンなので、上がる給料もたかがしれています。

そうなった時に、なんとなく予想できてしまうんですね、自分の将来とか目指す貯蓄額、ライフプランが。

それと同時に、こんな嫌な気持ちで仕事を何十年も続けて、定年迎えて貯まる金額が(想定では)こんなもんなのか〜、と思うと、人生に対して疑問を感じてしまいます。

話がそれましたが、そんな感じで僕もある程度の規模の会社で、いろいろな会社の人と仕事をしているわけです。

そして、経験を積むにつれ、サラリーマンも戦いだなー。と思うようになりました。

働きだして感じたこと

新卒でサラリーマンとして今の会社に就職した僕は、これからお仕事頑張るぞ、ぐらいの気持ちでした笑

もちろん、ついにこれから社畜として40年以上働かないといけないという後ろ向きな気持ちは持っていましたが、それ以上に「満員電車毎日乗りたくねー」とか「覚えることが多するし疲れ過ぎてやばい」なんていう、日常で思う感情の方が多かったように思います。

実際には、いざ会社に所属して数年すると、会社内でもいろいろな思惑や感情、人間関係が蠢いていることが分かってきました。

よくドラマの中で、ライバルや上司、他の組織との人間ドラマが繰り広げられていますが、それはあくまで脚色した想像の世界であって、現実のものではないと思っていましたが、実際にはそうでないことを知りました。

若手時代

僕がまず感じたのは、コミュニケーション能力の大切さです。

これはまあ就職する前から言われていたことですが、改めて思うわけです。

僕は別に話すことが嫌いな訳では無いし、コミュニケーションをとること自体が嫌なわけではないけど、社会人は性格が合わない人とか関わりたくない人とも話をしないといけないんですね。

僕にとってはそれが本当に苦痛で、そういうことが苦にならず、嫌な顔ひとつせずに対応できる人は本当にすごいと思います。

頭の良さとか飲み込みの速さなどの能力も重要ですが、コミュ力はある意味何より大事なスキルだと思います。

そして、上司や同僚に好かれることは、それだけで入社直後でも同僚とも差がつき始めます。

もちろん、仕事が出来なければ徐々に立場は逆転して行きますが…

数年経つと、同期の中でも徐々に出世をする人が出始めます。

そして当然、仕事の能力差も現れます。

周りから見ても、こいつは仕事が出来るやつ、作業が遅いやつ、飲み会に参加しないやつ等の評価が現れ始めます。

そして、はやく出世した同期に対する嫉妬や悔しさ等、これまで同列だと思っていた同期に対しても、様々な感情が芽生え始めます

中堅時代

もうしばらくすると、同じ会社内でも仕事ができる人間かできない人間かが明白になってきます。

これまでお世話になっていた先輩よりも先に出世することがあったり、逆に後輩が先に出世したり…

上司も、今後のリーダー候補を内々で選抜しているので、この候補になるかどうかで今後の評価が大きく変わります。

もちろん、出世することが必ずしもいい訳ではありません。

社長を目指す!とかいう目標がある人ならともかく、管理よりも通常業務を極めたいというプロフェッショナル志向の人もいるし、責任を持ちたくないから昇進したくないという人もいるし、給料アップよりも定時で帰れることを望む人もいるからです。

こうして仕事ができる人、できない人や仕事に対しての姿勢が評価されていき、出世コースに乗れる人が絞られてきます

仕事ができても、上司と上手くやっていけない人は恐らくなかなか出世はできないし、かといってその人が優れた能力を持っていれば、役職とかは関係なく、その人の能力は重宝され評価も自ずと上がります。

社畜である限り戦いは続く

思えば学生の頃も、部活のなかでもそういった人間社会の中では上下関係が自然と発生していたように思います。

ただし、学生の頃には曖昧だった上下の基準が、サラリーマンになると明確になります。

低い評定を受けることで「お前は仕事が出来ない」認識させられたり、同期が先に出世することで「俺はアイツより劣っているんだ…」と認識されられたりといった具合いです。

そしてその中で多くの人間が脱落していくなか、勝ち上がっていった人間がキーマンや管理職となっていく。

まさに戦いです。

時にはその評価を不当に思ったり、昇進していく仲間に嫉妬したり、それが原因で疎遠になったり・・・

おそらく、会社などの人間が多い場所で人との関わりを持ち続ける以上、この戦いは続きていくことになるでしょう。

他人と争うことが嫌いでも、無言で人は人を評価し、優劣を判断していきます。

僕はそういう社会が心底嫌いですが、これはもうサラリーマンである限り逃れられないことだと思っています。

もし、そういった戦いに巻き込まれたくないのであれば、少しづつでも一人でできる仕事でお金を稼ぐことができるようにスキルと経験を身につけていく必要があると感じます。

幸い、近年はインターネットが発達し、様々な方法でお金を稼ぐことができるようになってきています。

もちろん、継続して生活できるだけのお金を稼ぐのは簡単ではないし、今後数十年でネット環境を含めた世の中も大きく変わると思うので、今稼げている人が10年後も必ず稼げるとは限りません。

そういった意味では、最低限安定した給料をもらうことができるという点においては、会社員は安定しているともいえます。

結局のところ、どちらを選択するかは本人次第ですが、本当に会社員として働くのが嫌であれば、早めにスキルを身につけられるよう行動する方がいいと思います。

今回はそんな感じです。

それではっ!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です