仕事辞めたいとか言っててもなかなか辞めない人は、結局安定を求めているんだと言うこと。




僕はこのブログで色々と会社を辞めたいとか、会社を止めるための対策とか考え方について色々書いてきましたが、2020年1月現在、未だ会社を辞めていません!(笑)

僕がこのブログを立ち上げたのは2017年。

会社辞めたいとか散々愚痴っておきながら、早三年も社畜を続けているわけです。

社会人の三年って短く感じそうだけど、実際は結構長いよ?

なんせ卒業間近の小学生が、もうすぐ高校生になるって言うぐらいの長さ。

毛も生えていないお子様が、思春期を経験して、なんなら彼氏彼女とちゃっきゃウフフしてしまうぐらいの長さです。

それだけの長い期間の長さを、ツラい、辞めたいと思いながら仕事をするってどれだけ社畜は飼い慣らされているんだと思います(笑)

だけど、思うんです。

これだけ色々文句を言ってても、辞めない奴はいつまでも会社を辞めないし、辞める奴は何も言わずにあっさり会社を辞めていきます

僕も職場でも同年代や後輩が10人ぐらいは辞めたかな・・・

もちろん、僕のように「サラリーマンとして働くこと自体が嫌」という特殊な人間はいなかったので、大半はより待遇のいい会社に転職するパターンが多かったけどね。

結局、うだうだ言ってるわりに行動に移せないということは、迷いがあるからだと思います。

なんせ、この日本社会では転職すること自体にリスクが大きすぎる

特に僕のように保守的な人間には・・・

そこで、仕事を辞めたいと思っている男が、なぜ結局会社を辞めていないのか、その理由を書き出してみました。

・会社を辞めた後のプランが明確になっていない

・転職は転職でリスクがある

・サラリーマンという生き方は、結局安定している

一つ一つ見ていきます。

①会社を辞めた後のプランが明確になっていない

僕の場合はかなり特殊ですが、僕は会社員として働くことを苦痛に感じています。

毎日通勤電車に乗るのは嫌だし、毎日クソ混んでいるなか同じ時間に通勤するのも馬鹿らしいし、集団行動苦手だし、飲み会やイベントにも参加したくないし・・・

これだけ見ると、かなり社会不適合者ですが(笑)

僕はコミュニケーションは結構取れる方なので、コミュ障扱いはされていませんが、会社の近くに住んでいたり、飲み会には絶対参加しないので、割り切った奴だと思われている可能性は高いです(笑)

でも、職場では普通に誰とでも会話するし、雑談もするんですが、何より「会社に縛られている」という感じが大嫌いです。

なので「今の会社で働きたくない」のではなく「会社員として働きたくない」のです。

そうなると、会社を辞めた後の生活は随分と職種が絞られてきます。

それこそフリーランスか、自営業か、アルバイトか。

僕の場合は、収入がなくても支出を減らすことで生きていければそれでもいいんですが、新卒から同じ会社で特定の仕事を続けてきた人間が、いきなりフリーはハードルが高すぎる。

結局、辞めるには今後の仕事を見据えて資格を取るなりスキルを身につけておくなりの事前準備が必要になります。

②転職は転職でリスクがある

先述のように、僕は会社員として働きたくないと思っていますが、心のどこかで「人生を一度リセットしたい」と思っています

僕が会社員が嫌な理由は、会社員の不自由さなので、そこから開放されるのであれば、別の業界、別の地域でゼロから自分の生活を再スタートするのもありだと思っています。(転職した知り合いにも同じような人がいます)

ですが、これまでの仕事の経験や人間関係を捨てて、新しい仕事に挑戦するのにもリスクがあります。

そこでの職場環境が劣悪だったり、出会った仕事仲間と気が合わなかったり・・・

実際に行動に移すまでわからない不確定要素がありすぎます。

それであれば、不満はあるけど今と変わらない生活を続けられる現職を続けるのが無難、という結論になります。

③サラリーマンという生き方は、結局安定している

嫌なところもあるけど、結局会社員として働くことはメリットも多いんですよね。

フリーランスのように自分で仕事を探す必要はないし、社会的信用も保証してくれる。

厚生年金や健康保険も会社が半分負担してくれるし、遠い場所から通っても交通費を支給してくれるし、週末は基本的に必ず休めるし自由に休んでもいい日(有給休暇)も取得できる。

会社によっては、家賃補助やボーナス、退職金までもらえて、ここまでしてもらっているなら多少の不満も我慢しろって感じですよね。

会社を辞めるなら安定よりも覚悟が必要

以上が、会社を辞めたいと思い始めて3年以上辞めていない社畜リーマンの考えです。

結局会社を辞める人は、安定よりも別のことを求めて辞めていくことが多いように思います。

この記事を読んでいる方の中には、会社を辞めたいと思っている方が多いと思いますが、今一度ご自分の現状と未来について考えてから行動を起こすことをお薦めします。

今回はそんな感じです。

それではっ!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です